記事検索
お気に入り
メールはこちらへ
ゲーム系ブログ・サイトの相互リンクなど


 PS4とVitaのリモートプレイを試してみました。



機器認証

1.VitaをUSBケーブルでPS4に繋ぐ

 Vitaに最初から同梱されているアダプターに繋ぐUSBケーブルをPS4のUSB端子に差し込めばOK。

140117_rimo_002

2.PS4を起動

 「設定」→「PS Vita接続設定」→「機器を登録する」 と、画面に7桁の数字が表示されます。この画面を表示したままVita側へ。
 あと「PS Vitaと直接接続する」の方が通信が安定する気がします。

3.Vitaで「PS4リンク」アプリを起動

 Vitaのアプリ「PS4リンク」を起動したら「リモートプレイ」を選択。
 PS4側で表示された7桁の数字を入力して機器認証完了。 

 機器認証後、リモートプレイ接続時はVitaの画面もPS4の画面も同じ。
 一度認証してしまえば、それ以降はUSBケーブルで繋ぐ必要はありません。

プレイ感

遅延は「ある」

 「遅延は感じない」という感想も多く見ますが、遅延が少ないことが売りのFORIS FS2333-Aと比較して見ると、はっきり遅延が確認できます。キルゾーン シャドーフォールやRESOGUNをプレイしてみても、エイムや自機の移動で、やや滑るような感じはあります。

 遅延が大きく響くゲームは、FPS・TPSだと思います。具体的に言うとエイム。遅延に関しては格闘ゲームや音ゲーの事が言われますが、これらは操作自体にはあまり影響ありません。FPS・TPSは瞬間的に微妙なスティック操作で敵を狙いますので、遅延で滑りが出てしまうと操作難易度が跳ね上がります。○×△□は、タイミングがズレても、その操作自体は正確に行われます。問題はスティック操作。

 遅延は検証されており、最もベストな値で90ms(5.4フレーム)、 大体は160ms(9.6フレーム)の遅延があるとのこと。 ちなみにWii Uゲームパッドは1フレームだそうです。



ゲームによっては、操作方法が自動で最適化される


 ゲームによってはソフトウェア側で操作方法がリモートプレイ専用に対応されます。下記画像はキルゾーン シャドーフォールをリモートプレイ時のControllerオプション。デュアルショック4の操作をそのまま汎用的にVitaに引継ぐわけではなく、ソフトウェア側でVita独自の操作に設定してあります。

140117_rimo_001

L2・R2・L3・R3は大きな問題点

 VitaにはL2・R2・L3・R3がありません。ソフトウェア側で操作が最適化されない場合、これらは背面タッチを4分割して設定されます。これはとても押しにくいです。「ボタンが無いので、とりあえず背面タッチに設定した」という程度の設定。キルゾーンの場合は、2分割に設定されていますが、それでも押しにくい。

画面は超美麗

 感動を覚えるレベルの美しい画面がVitaの液晶に映し出されます。こんな小さな携帯機に、ここまで美しい画面が表示されると、冗談抜きで未来に来たようにすら思う。もともと小さい画面は粗が出にくいので、引き締まって美麗です。FORIS FS2333-AよりもVita側のほうが美しく見えます。

フレームレートは落ちる

 リモートプレイにおけるVita側のフレームレートは30fpsに制限されています。検証動画によると、30fpsで安定とはいかず低下が見られます。



ゲーム以外の機能もOK

 PS4の画面をそっくりそのままVitaに映していますので、ゲーム以外の機能も全てVitaで行うことが可能です。Storeの利用、Live from PlayStation、インターネットブラウザーなどなど。

総評

 2014年2月号のゲームラボで「リモートプレイは問題なし」と結論付けられていましたが、遅延は操作してはっきり感じるレベルでありますので、FPS・TPSなどはプレイに耐えないと言える。検証結果にもありますが「ほとんどが9.6フレームの遅延」というのは、合格点とは言えません。PS4のゲームをVitaに映して遊ぶなんてことは、技術的にはめちゃくちゃ凄いんですけど、かといって9.6フレームの遅延でアクションゲームをしてもストレスを感じてしまう。シミュレーションゲームなどは、まったく問題ないと思いますが、遊べるゲームが限られてしまうのは残念。技術的には難しいかもしれませんが、もう少し遅延が改善されたらなぁと思います。

【問題ない】
RPGやSLG。
【あまり問題ないと思われる】
無双系アクションやKNACKら。瞬間的に繊細なスティック操作を求められないゲーム。
【プレイするのは難しい】
FPS・TPS。エイムが微妙に滑るのは致命的。

 遅延ともうひとつL2・R2・L3・R3が大きな問題。これらの使用頻度が高いゲームは、リモートプレイは苦しくなりますね。

トラックバックURL

コメント一覧

    • 1. そ
    • 2014年02月12日 01:59
    • FF14のプロデューサーがオンライン鯖経由しても3フレーム遅延て言ってたけど
    • 2. ハーメン
    • 2015年06月24日 23:09
    • モニタと比較しても意味ないやろアホちゃうか
      リモートプレイ上なんだから本来の画面よりVITA上でどう動いてるかだろ
    • 3. はますけ
    • 2015年06月24日 23:18
    • 遅延の問題ですので、本来の映像がどのくらい遅れてVitaに届いているのかが重要です。PS4で処理された映像が送られてきているので、Vitaのリモートプレイというのは少し遅れた映像を見てプレイしている状態になります。

      Vita上でゲームの処理をしているわけではなく、PS4から映像を受け取っている状態ですので、その映像をVitaが表示するまでにかかる時間が「遅延」としてゲームプレイに影響を与えます。PCモニターにも少しの遅延はありますが、通常プレイとリモートプレイの遅延差を比較するにはモニターと直接比較するのがわかりやすいです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最新コメント
アクセスランキング